あっちゃんと松ケンの”ど根性”が楽しみ!

(C) 吉沢やすみ/オフィス安井

1970年代に週間ジャンプで連載され、人気を博した「ど根性ガエル」。主人公のシャツに張り付いた黄色いカエルでおなじみのこの漫画が、松山ケンイチや前田敦子ら人気俳優によって実写ドラマ化され、7月に放映がスタートする(日本テレビ系)。

おっちょこちょいな主人公、ひろしが転んだひょうしにシャツに張り付いてしまった表面ガエル”ピョン吉”。つぶされても「ど根性」で生き続け、言葉までしゃべるようになったという、不世出のこのキャラクターは、

・ど根性ガエル、私のヒーローです!
・泣いたり笑ったりご飯食べたり…こんなカエルを飼ってみたかったよ
・ヒロシとピョン吉の関係に憧れたなぁ
・ドラえもんと並ぶ、日本を代表するキャラでしょう

などのコメントに見られるように、一世を風靡した人気者。正義感が強く、人間らしい心を持った”ピョン吉”とヒロシの物語はアニメ化され、今でも多くの人に愛されている。

そんな「ど根性ガエル」が、実写化にあたってまたまた驚きの設定を見せてくれた。なんと舞台は漫画の16年後。14歳だったひろしは30歳になり、ひろしのマドンナ”京子ちゃん”はアラサーのバツイチに、いじめっこだった“ゴリライモ”は若社長に…と行った具合に、登場人物が皆一様に年を重ねているのだ。

このニュースに、

・ヒロシが30歳に!?もうそれだけで面白そう
・大人になった面々に会えるのが楽しみです!
・梅さんはよしこ先生と結婚でできたのか…気になるから見ちゃうね
・ピョン吉の実写化って、どうなるの?

といった、興味津々のコメントがぞくぞくとアップされている。特に、”ピョン吉”は、どんな方法で実写化されるのか公にされていないため、期待は高まるばかり。放映スタートに向け、注目を集めるポイントになりそうだ。

その他のキャストも、

・あっちゃんがバツイチになった京子ちゃん!?見てみたいですね~
・松山ケンイチの、ダメ男っぷりに期待大!
・薬師丸ひろ子に新井浩文、光石研といった個性的な役者が揃ってて見応えありそう

などなど、話題性充分。女優として評判が上がりつつある前田に寄せられるコメントは、特に目立っている。

アニメのその後の世界は、想像するしかなく、気になるもの。どんなその後が描かれているのか、”ピョン吉”は相変わらずなのか…期待せずにはいられない。

(小玉葉子/effect)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
松山ケンイチについて語ろう!
■「松山ケンイチ」を語るブログたち
松山ケンイチブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>