自転車の危険運転に注意!

By: ruurmo

改正道路交通法が6月1日から施行され、自転車運転中の14の“危険行為”が警察によって取り締まられるようになった。自転車という身近なものをめぐる大きな変化、各種メディアも大きく取り上げたこともあってブログ上でも多く語られている。

道交法の改正そのものについては

・まぁ自転車の無謀運転は最近話題になることも多いし、当然といえば当然の流れかも
・確かに自転車のルール違反は多すぎます。これまでが緩すぎたのでは?

と支持したり

・切符きられるとは、なかなかキビシイ~自転車乗るのがこわくなる~
・自転車ばかりを悪者にする報道は少し違和感がある…

など戸惑いや違和感を感じたり、自転車との関わり方によって反応は大きく違う。

近年自転車が絡む死亡事故が増えてきた状況を受けて、重大事故の防止策として打ち出された今回の道交法改正。これまでも違法行為とはされていた「信号無視」「飲酒運転」「交差点での一時不停止」などを危険行為と規定し、3年以内に2回以上危険行為で摘発された14歳以上の運転者に安全講習(5700円)の受講が義務付けられるようになったのだ。

日頃から自転車の“危険行為”と接しているブロガーは

・ランニングしてると悪質自転車に悩まされる。傘さした自転車にぶつかる寸前って
 ことが何度も!
・普通に逆走したり歩道を我が物顔で走ってる…あと無灯火が異常に多い!
・最大の悪質運転はスマホ見ながらの片手運転。これは実に許しがたい!
・スマホ見ながら運転は本人が悪質だと思っていないところがタチが悪い。明確に禁止
 すべき!

とお怒りモードで、取り締まりを歓迎するコメントも目立つ。

また自転車に乗っている立場からは

・車の運転では気をつけて法令順守してるのに、自転車だとこれくらいはいいだろうと
 思っちゃうのよね
・一方通行の逆走とか進入禁止を無視とか…車ではまずやらない違反でも自転車では
 ついやってしまうかも~

と自らを省みる人もちらほら。確かに子どもからお年寄りまで無免許で乗ることができる自転車であるからこそ、自動車と同じ車両の仲間「軽車両」である意識をきちんと持つ必要はあり、今回の道交法改正がそのきっかけになればいいのだが。

ただ自転車だけが気をつければいいものでもなく

・まだまだ自動車中心の道路で、自転車は肩身の狭い思いで走らせてるのに~
・逆にクルマが車道で我が物顔すぎないかと問いたい!
・正直、自転車は歩行者と車の板挟みになっている…歩道を走っても車道を走っても
 嫌な目で見られる
・だったら自転車専用ゾーンをもっと整備してほしい

といった嘆きもごもっとも。

どちらにしても事故を起きなくすることが大事であって

・自転車に対する、自動車の危険運転への取り締まりも強化して初めて今回の改正が
 生きてくるはず
・この施行が自転車が走りやすい環境整備のきっかけになるかが重要
・自転車専用道路が普及していない日本では、一人ひとりが周りに配慮した運転を
 しなくては

など少しずつ自動車・自転車・歩行者の置かれる環境とマナーが向上して、日本の道路がより安全なものになりますように。

(夏目 昌)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
道交法について語ろう!
■「道交法」を語るブログたち
道交法ブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>