Appleの月額制音楽サービスの衝撃

By: Vintuitive

Appleが開発者向けイベント「WWDC 2015」で、月額制音楽ストリーミングサービスの「Apple Music」を発表した。

月額9.99ドルで約3000万曲以上もの楽曲から聴き放題というサービスで、楽曲は基本ネット上からストリーミングで再生される。専門家によるレコメンド機能や、グローバルなラジオ局、アーティストがファンとコミュニケーションを取るためのサービスなども提供される。

定額制音楽ストリーミングサービス自体は既にアメリカでは普及しており新規性のあるものではないが、日本でのシェアが高いiPhoneのメーカーであるAppleによるサービスということもあり、ブログでも、

・世の中を変えるアップルらしい。いいね
・これはミュージックライフの革命と言った方が早い
・CDでも無いiTunesでも無い、ストリーミングと言う形式に代わる先触れなのかも
 しれない

などと、かなりのインパクトを持って受け止めている人が見受けられた。

日本でのサービス開始時期や料金などは発表されていないが、日本向けの特設ページもできていることから、提供される可能性はかなり高いと言われている。

変わりゆく音楽メディアのありかたに、

・それにしてもCDを買う時代からダウンロードの時代になりつつあったのにさらに
 その次が来たか~
・昔はアルバムを買うのって、ギャンブル的要素があったもんだなぁ。そういうのも
 過去のこととなりつつあるなぁ
・欲しいレコードをレンタルしてテープにダビングしたり、ベストテン録音して何度も
 伸びるくらい聞いてたのとは全然違う体験を子供らはしていくんだろなー

と、昔を懐かしむ声も。これからは、CD時代からダウンロード時代を経ずにいきなりストリーミング時代に突入という人も増えるのかもしれない。

CDからダウンロード販売になって単価が下がったことに続き、ストリーミングになると音楽制作者側の儲けがさらに減るんじゃないかということで、

・レコードなりCDなりUSBなりのメディアにお金を払うことは減っていくんだろうな
・考えてみたら、Apple Musicってエラい安いような気が。いよいよCD無くなるかも
・しかし、音楽業界は大丈夫なのだろうか?

といった感想を持つ人も多い。とはいえ、Appleは過去に、iTunes Storeによって音楽業界を救ったという面もある。

当時はナップスターなどのP2P(ピア・トゥ・ピア)のファイル共有サービスを使って音楽を違法に共有することが流行り無法地帯状態にあった。そんな中、AppleがiTunes Storeを立ち上げ、音楽を正規のルートで安くダウンロードできる環境を作ったことが、音楽著作権の無法地帯に歯止めをかけた貢献は大きいと言われている。

・アーティストの方は、CD売り上げで勝負するのではなく、イベント収入で勝負する
 ようになっていきます。マドンナとかはイベント系になってますしね
・CDが売れないみたいな時代はテクノロジーの発展で違う形で終わって、いい曲を
 作れば世界中の何億人が何のハードルもなく音楽を聴いてくれるわけだもんね
・どういった形でアーティストにお金が支払われるかがわかりませんがきちんと還元
 される様になるといいなと

などといったアーティスト側を気にした意見も出ており、音楽業界の行く末はみな気になるところだろう。

iTunes Storeによって音楽業界に貢献してきたAppleなだけに、音楽はYouTubeで聴いて誰もお金を払わないという時代に、聴く側は対価を払いアーティストたちにそれが還元される場を作ってくれることに期待したい。

(芦之由)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
聴きたいについて語ろう!
■「聴きたい」を語るブログたち
聴きたいブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>