ようこそ!240万人の新有権者

By: yusuke.ando

選挙権を持つ年齢を「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる改正公職選挙法が成立した。

「成立の見込み」という段階からこれまでも話題になってきたが、6月17日の参議院本会議で全会一致で可決されたことを受け、メディアが「70年ぶりの参政権の拡大」などと大きく報じブログ上でも改めてコメントされている。

日本の民主主義の新しい局面、

・若い人が政治に参加にできるようになったのは喜ばしいこと
・高齢者がどんどん増える中、若者の意見を反映されることはいいよね~
・若者が自分たちの世の中を決められる選挙としてぜひ興味をもって“参政”してほしい

と歓迎する声も目立つ。

来年の参議院選挙から18歳と19歳の約240万人が新たに有権者となるということで

・うちの息子も来年夏の参院選から投票できるようになるのかぁ
・長女にも選挙権。家でも主権者教育しとかなきゃねぇ
・同じ学校に通っている同級生の中でも、選挙権がある子とない子ができるワケだ
・高校の前で選挙演説するのかなぁ。放課後ならいいのかな

などグッと具体的なイメージが湧いてくる模様。

ただ18歳になって選挙権は得られても「成人」と認められたわけではなく、これまでも“18歳は大人なのか”という議論になっていたように

・政治なんかわからないとか言って、投票率は逆に低下するのではないかと心配
・有権者数は増えるが投票率は下がるよね~
・候補者が若者に「ウケる」かどうかで選ばれる確率があがるのでは

など、新たな有権者の未熟さも具体的に危惧する声もちらほら。

ただ、このたび改正公職選挙法が成立してからは

・晴れて有権者となった18歳19歳の皆さん、おめでとうございます
・はじめは身の丈に合わなくても、段々となじむのではないかな
・政治のことわからない?最初はみんなそうだから大丈夫。知ろうとすることが大切

と、新たに選挙権を持つことになった若者への温かい視線を感じるコメントが増えた印象。

「政治なんかわからない」「どこに投票しても同じ」と言いがちな初心者に対して

・若者に負担を押し付けすぎてる今の政治、是正するためには誰に投票すべきか考え
 ればいい
・老人の硬直したアタマより、柔軟な若者の素直な選択がはるかに建設的な結果になる
 はず
・今年のうちに少年ジャンプで政治家マンガをスタートしてもらって(笑)政治への
 理解を深めましょう

と硬軟まじったアドバイスが揃う。

まずは来年の参議院選挙。1人でも多くの新有権者が選挙権を行使することが社会的なインパクトにも個人の心構えにも大きな影響を与えるはずだから、それまで様々なかたちでの“主権者教育”に期待したい。

(夏目 昌)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
公職選挙法について語ろう!
■「公職選挙法」を語るブログたち
公職選挙法ブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>