ブログから見える“主夫”の喜びと苦労

By: klynslis

男性が、家事や育児、介護に関わる時代がやってきている。西島秀俊さんが主夫役で出演するテレビCMが違和感なく受け止められているように、世の中的に「主夫」というポジションが市民権を得てきた。

そんな中、先日、俳優の高知東生さんが、妻・高島礼子さんの父親の介護に専念し、高島さんの女優業をサポートするために引退することが大きく報じられ、

・少子高齢化社会に、彼の決断は一石を投じたように思えてなりません
・中々出来る事じゃないけど、夫婦の役割は家族それぞれでいいと思いました
・専業主夫ってのもいろんな生き方の中の一つだなぁ~と思いました

など、「主夫」への理解を、より深めるきっかけともなったようだ。

そして、家庭によって事情は様々だが、

・日に日に妻の帰りが遅くなってます。立場逆転、僕が主夫になる日も近い
・子どもの病気のこともあり、真剣に主夫になることを考えている
・私が稼ぎ頭だから仕事辞める選択は無い!旦那を主夫にするか真剣に検討中
・あたしが仕事して、彼に主夫してもらった方が確実に稼げる

など、外で働く妻をサポートしながら、夫が家事全般を担うスタイルを真剣に検討している夫婦が、割合と増えてきているようだ。

ブログを見ると「主夫」「専業/兼業主夫」「プロ主夫」などのワードが沢山使われている。自らを「主夫」と名乗るブロガーには、自分も仕事を持っており、妻のピンチヒッターやサポーターとして部分的に協力し合う、いわゆる兼業主夫が圧倒的に多い。

ブログには、

・この洗剤の除菌パワーはスゴイですよ!あっ僕 主夫ですが 何か?笑
・そうめん付け合わせの「椎茸の甘辛煮」を作ってみました
・献立を考え、みんなが喜ぶものを作るのが結構楽しい!

など、丁寧にひと手間かけた家事や、主婦顔負けのこだわりやワザで、やりがいを持って家族をサポートしている様子が綴られている。

しかし、一方で、

・主夫をしているのですが、最近、夕食の献立に困っています
・洗濯物が乾かない毎日は主夫としてはストレス大
・少ない生活費をどうにか浮かそうと買い物に工夫を凝らしています

など、実務的なお悩みや困り事も多い。

さらには、専業主夫を中心に、こんな内面的な書き込みもちらほら。

・誰からも認められることなく、お金になるわけでもなく、ただ生活をこなす虚しさも
・仕事をせずにずっと家に居るストレスでしょうか、覇気がないのです
・完璧な主夫業を求め過ぎる自分がいて。そのやり場のない憤りを罪のないかみさんに
 ぶつけたり・・・

専業主夫には、離職や体調不良で余儀なくというケースもあり、“キャリアや収入の高い妻を積極的に支えるための前向きな選択”ばかりではない、ということがブログからも見えてくる。

夫婦の間に小波があったり、社会との接点が減ってストレスを感じていたりと、ちょっと深刻そうな書き込みも少なくはない。

夫婦のスタイルが多様化するほど、メリットも増える反面、大変なことも増えてくるのかもしれない。

(高宮真琴)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
家事について語ろう!
■「家事」を語るブログたち
家事ブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>