バーキンが衝撃の声明!

By: Luke,Ma

世界中の女性から愛されるエルメスのバッグ「バーキン」。飛行機で元社長と女優のジェーン・バーキンが隣り合わせたのをきっかけに生産されるようになったこのバッグのネーミングに、当の本人からクレームがついた。

「バーキン」といえば、女性のステイタスの代名詞。ブログ上でも常に、

・いつかはバーキンの持てる女性になりたいです
・一生に一度の自分へのご褒美に、買ってみようかな…
・バーキン何十個も所有って、どんなお金持ちなの!?
・バーキンにざっくり荷物を入れて飛び回る…そんな人に憧れちゃう

といった具合に登場し、知らない人はいない有名バッグだ。

とはいえひとつ100万円は下らず、ダイヤをあしらったものなどは何千万円もするという高級バッグだから、誰もが持てるわけではない。それでも欲しい人が後を絶たず、店頭で目にすることも珍しい希少価値のあるバッグとして人気を博している。

いつもかごバッグを持ち歩いていたジェーン・バーキンの週末旅行用に作られた「バーキン」。イギリス出身の歌手で、フランスでも女優として活躍した彼女は、セルジュ・ゲンズブールとともに一世を風靡した人気者で、今でも、

・細くて前髪ぱっつんが超似合う。永遠の憧れです
・バーキン可愛い!飾らない笑顔が最高~
・67歳の今でも魅力が失われてない。本当に素敵ですよね

などのコメントに見られるように、カリスマ的存在だ。

そんなジェーン・バーキンが先日、件のバッグについて、「自分の名前を使わないように」と声明を出し、物議を醸している。バッグの材料になるクロコダイルやアリゲーターなどのワニ達が、残酷な殺され方をしているとの理由からだ。

バーキンは、「私の名を冠したバッグを作る過程で、ワニが残酷な殺され方をしています。改善措置がとられるまで、バーキン・クロコの名前を使わないように、エルメスに要請しました」と述べている。ブログ上では、

・毛皮もそうだけど、贅沢の裏には何かが犠牲になってるのね
・そうだよね…でも、ワニが生きたまま切り刻まれてたなんて本当なんだろうか?
・けっこう衝撃の声明でした。バーキンさん、よく思い切ったよなぁ

など驚いた様子に加えて、

・動物愛護の運動には賛成です。ワニ皮なんてとんでもない!
・そろそろ人間だけが勝手なことをするのはやめましょう
・エキゾチックアニマルの皮をアクセサリーにするなんて人間のエゴだ

と、この声明に賛同する意見も目立つ。

エルメス側はこの要請を受け、バッグの名前を変えるかどうかは返答していないが、ジェーン・バーキンの気持ちを尊重すると述べており、提携企業が最高水準の倫理観に沿って取り扱っているか、確認調査を開始している。

今後「バーキン」というバッグはなくなるのだろうか? でもだとしたら、何とネーミングされるのだろう? あまりにもこの名前で浸透しすぎていて、思い浮かばないけど…。

(小玉葉子/effect)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
エルメスについて語ろう!
■「エルメス」を語るブログたち
エルメスブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>