「お盆玉」ってあげましたか?

By: hirotomo

「お盆玉」もしくは「おぼんだま」という言葉が密かに普及しつつあり、多くの人に困惑を招いている。

子供のころ、正月の楽しみのひとつと言えばお年玉だった。親や親戚からもらえるお年玉は、普段のお小遣いとは比べ物にならないほど高額な場合が多く、ずっと欲しかったものが買える絶好の機会だった。しかし、あげる立場になると、なかなか懐具合が厳しいのも確かであって。

おぼんだまは、そんなお年玉のお盆バージョン。年始だけでなく、お盆にも親戚の子どもたちにお金を配る習慣がじわじわと認知度を高めつつあるのだ。誰が仕掛けたのかこのおぼんだま。一般化するかしないか、多くの人が戦々恐々として、行方を追っているようだ……。

まず、おぼんだまに反対する意見としては、

・おい、ふざけんなよ!誰がこんなもん仕掛けたんだ、冗談じゃない!
・俺もお盆玉もらって育ったなら100歩譲れるけどな。これは譲れない!!
・お年玉だってあげるのつらいのに、その上おぼんだまなんて困ります……

など、反対意見が多くみられた。なかでも「自分はもらっていないから」という意見には思わず納得。確かに一方的に出費が増えるのは勘弁してほしい。

しかし、賛成派としては以下のような意見も。

・まあ、じいさんばあさんは孫に会いたいんだろうし、いいんじゃないの?
・こういう交流が将来のいい思い出になると思います。素敵な試みだと思いました!
・あげたい人はあげたらいいんじゃない? お年玉ほど一般化はいないでしょう

ちなみに、おぼんだまの相場もお年玉とそう変わりはないようで、小学生くらいなら1000円~3000円、中学生なら3000円~5000円、高校生なら5000~10000円ほどなのだとか。

・小学生ならかわいいもんだけどな。少子化の時代だし、我慢できる範囲内ではある
・ほかはあげているのに…みたいな雰囲気になるのは嫌だから一般化したらやらなきゃ
 ないんだろうなー

コメントの中には「積極的にはなれないものの一般化したら諦める」といった意見も数多く見られた。

実際に「おぼんだまをあげた」という声もあったことにはあったが、

・郵便局でポチ袋を試しに買ってみたので、ちょっと親戚の子にあげてみた。でも、
 まわりのみんなは割とそっけなかった。「へー、いまそんなのあるんだー」くらい

日本郵便は2014年から、おぼんだまを入れるポチ袋の販売をスタート。「お盆玉袋も、人と人をつなぐきっかけになれば」という発想から普及に務めているそうだ。

・いい発想です。ぜひ、国が子供たちにおぼんだまをあげればいいと思う!
・少子化の時代なんだから子育て家庭に国がおぼんだまをあげてはいかがでしょう

おぼんだまが当たり前になって、喜ぶ人もいれば、嘆く人もいるだろう。

となると問題は、おぼんだまという当たり前が浸透してしまうと、喜ぶ人も嘆く人も分け隔てなく受け入れなくてはならないということか……。

(イノウエアキオ)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
お盆について語ろう!
■「お盆」を語るブログたち
お盆ブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>