パクリ騒動で注目の「画像検索」使ってる?

By: Yahoo Inc

エンブレム騒動で注目されることとなった、画像を使った「画像検索」。画像を元に類似の画像を探すというGoogleのネット検索における機能である。

キーワードを元に画像を探す画像検索自体は知っていても、画像から探せるということは知らなかった人も多いようで、ブログでも、

・最近の『Google』は画像の検索もできるんだ!
・ニュースでも話題になっているのでグーグルで画像検索してみました
・画像検索なんてできるんですね….早速やってみましたが確かにできる(驚)

といった驚きの声も上がっている。Googleとしては、画像検索のいい宣伝となったとともに、今後はイラストやデザインのパクリ検証をする人が増えそうである。

とはいえ、類似画像を探す機能は、色の類似で探すのか形状で探すのかなどの細かい設定はできず、精度がそれほど高いとはいえない。画像から推測されるテキストを元に検索されたような画像が出るケースも多い。なので、

・私のロゴを検索したら検索結果は沢山出てきたが、類似したものは見当たらなかった
・試しに自分の作品を画像検索してみたら、誰の作品もパクっていないし、誰からも
 パクられていなかった~

という人も、Googleの画像検索だけで安心するのは、ちょっと待ってと言いたい。

しかし、全く同じ画像を探すのは、さすがに得意である。サイズが違っていても、同じ画像は探し出せるので、

・試しに自分のblogの画像をいくつか検索したら転載されているものがいくつかあった
・私の写真も人に盗用されたことがあった!「画像検索」でも私が撮った写真が出て来る
・最新のITツールを利用すれば、他サイトの写真の流用などはすぐに分かってしまい
 場合によっては取り返しの付かないことになるので、注意が必要であるとのこと

といった声にもあるように、自分の画像がネットのどこかに無断転載されてないかを探すのにとても便利だ。

一方で、画像検索の結果から画像を無断で利用するというケースは以前から問題となっており、

・ぼくもよくこのブログなどで画像検索したものをダウンロードして使ってます(笑)
・会社の資料作るのに画像検索で引っ張って来ますよね~。内々の用途なんだし
・画像検索してイラストや画像を拝借することがあるが、提供しているサイトに行って
 使用規約を確認し、フリーなものしか使わない

などと、ブログの声を拾ってみても、無断で画像を利用しているという人が見つけられた。

今回のエンブレム騒動と画像検索の認知度アップにより、ネットの画像を無断使用するのは悪いことだし、すぐにバレるということが広まるのは、ネットのマナーの今後を考える上では良かったのかもしれない。

(芦之由)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
検索エンジンについて語ろう!
■「検索エンジン」を語るブログたち
検索エンジンブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>