乗ってみたい?空飛ぶクルマ

By: automobileitalia

飛行機のように、空を自由に飛ぶ自動車。近未来都市を彷彿とさせるそんなクルマの特許を、トヨタ自動車のアメリカ子会社が出願し、ネット上でも話題となっている。トヨタに限らず世界中でも開発が進んでおり、なんと再来年には発売を予定している会社もあるという。

このニュースに、

・とうとうそんな時代がやってきたのね!
・本当に実現するんでしょうか?
・子どもの頃絵に描いた事あるなー。未来だね
・21世紀って感じがします。スゴいなぁ

など、ブロガーも驚きと感嘆のコメントをアップしている。

特許の内容はと言えば、「空飛ぶクルマのための積み重ね可能な翼」など、自動車が航空機に変容するためのスペック。飛行に不可欠な翼の搭載方法は、例えば例えばすでに2017年に発売を予定しているスロバキアの「エアロモービル3.0」(エアロモービル社)は折りたたみ式だが、これだと全長がどうしても長くなるという。

しかしいよいよ陸空兼用の乗りものとしてのコンパクトさを実現しそうなアイデアが出され、興奮したブロガーの間では、

・翼が開くのも素晴らしいけど、てっぺんから広がっていくとこ考えたら興奮!
・乗ってみたい~!そして空のドライブを思う存分楽しみたいね
・通勤は空飛ぶクルマで。もう渋滞にはオサラバだ
・デパートの屋上駐車場に乗り付けてお買い物♪

と、具体的なビジョンも飛び交い、大興奮の様子だ。SFの世界でおなじみの風景がフィクションでなくなるのも間近に感じられ、夢は広がる。他にも、ヘリコプターのようにプロペラが付いて垂直浮遊できるアメリカのTF-X(テラフギア社)、デザインがSFチックなスカイカー(モラー)など、色々なタイプのものが話題となっている。

とはいえ、ブロガーも心配するように、

・空の交通規制はどうなるんでしょう?
・高いんだろうなー。庶民にはまだまだムリでしょ
・そもそもそんな資格が必要なの?パイロット?
・滑走路とかどうなるんだろう。一般道路からでは難しいのでは…

といった問題は山積している。

これらが解決されるのに、まだまだ時間は要するのかもしれない。でも、自分で操縦して自由に空を移動できたらとても楽しいに違いない。実現に向けて、ますます期待の声は高まりそうだ。

(小玉葉子/effect)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
トヨタについて語ろう!
■「トヨタ」を語るブログたち
トヨタブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>