ディスコが大復活?

By: Tambako the Jaguar

80年代に一世を風靡した大人の遊び場・ディスコ。数年前から徐々に復活の兆しをみせ、今年は夏辺りからビッグなイベントが次々に開催されている。ユーロビートにハマる若者も増えているという2015年のディスコ事情を探ってみた。

回るミラーボール、ミニスカートと扇を翻して踊り狂うギャル。バブルの象徴とも言えるディスコについては、

・そんな時代もありましたね…
・今思えばスゴいカッコして踊ってたんだなぁ
・なんで扇だったんだろう

など、一種の感慨を込めて懐かしむコメントがこれまでは多かった。

“お立ち台”と言われるステージに美女が殺到し、その下に群がる男性達。あの時代の風物詩として人々の記憶に残っているものの、夜の遊び場はその後“クラブ”にとって代わり、“フェス”も台頭し、ディスコは古くさいものとしてのイメージも少なくなかった。

ところがここ数年、またまたディスコイベントが注目され始めているという。特に今年の夏以降、

・マハラジャ通いがまた始まった
・無条件に血がさわぐ~! ディスコ最高
・いっかい着てみな?ボディコン。ハマるから
・今時は子どもと一緒に楽しむものなんですね~ディスコって

といったコメントも目立つようになり、復活の兆しが明らかに見て取れる。

なんでも「大人のためのディスコイベント」と銘打って、都内のホテルで次々とイベントが開催されており、かなり好評を博しているよう。グランドハイアット東京では、2万6千円のVIP席から完売したというから、人気の高さが伺える。また、今回の再ブームでは昼間の開催も珍しくなく、子連れで楽しむ人も。激しいダンスミュージックの合間にディズニー音楽が流れたという。

伝説のディスコ「マハラジャ」も東京では2010年、大阪では昨年再オープンを果たし、来客は増える一方で大盛り上がり。40代以上のバブル世代から火がついたらしいこのブームだが、

・“ディスコ”へ行ってみたかったんですよークラブじゃなくて
・バブル時代の華やかさに憧れてたので行ってみたい!
・ユーロビートって良いですよね
・フェスも飽きた。ディスコいいかも

など、若い世代からも注目を集めている。

ディスコもボディコンギャルも、もはや死語ではない。蘇ったのである。

(小玉葉子/effect)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
踊りたいについて語ろう!
■「踊りたい」を語るブログたち
踊りたいブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>