AKB姉妹グループドキュメント映画同時公開

By: Richard, enjoy my life!

AKB48グループのNMB48、HKT48のドキュメンタリー映画が1月29日に同時公開された。

NHK朝ドラ「あさが来た」オープニングテーマのAKB48「365日の紙飛行機」ではセンターを務める山本彩が所属するNMB48の映画は「道頓堀よ、泣かせてくれ!DOCUMENTARY of NMB48」 。

骨太の社会派作品を多く手掛ける舩橋淳が監督ということも宣伝文句となっているが、NMB48のことを知らなかった人が監督と言うことに不安を覚えているファンも少なくなかった。

映画を観た人のブログでの反響を見てみると、

・監督がNMBの良さと描くべきものを発見していった過程を共有できる映画です
・グループの特色や持ち味、そして簡潔なヒストリーとメンバーの葛藤をわかりやすく
 伝えて観客の心に残る作品となっています
・NMB48を全く知らなくても楽しめる。NMB48を知らない人に広めるための映画

といった声がある一方、

・ドキュメンタリーとしては正しいのかもしれないけど取り上げられているメンバー
 が少なすぎる
・「メインに据えるメンバーの偏り」がひどかった
・別に「選抜」だ「選挙」だというところにこだわらず、グループの5年間を追って行く
 内容にしてほしかった

といった不満の声も。

ファン目線では、NMB48として初のドキュメンタリー映画にも関わらずこれまでの歴史を振り返る内容ではなく、取り上げられなかったメンバーも多いところに納得がいかないといった意見も多いようだ。

一方のHKT48の映画は、メンバーでありHKT48劇場支配人も務める指原莉乃が監督した「尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」。

NMB48の映画とは対照的に、HKT48を知り尽くし自らもアイドルファンである指原莉乃が指揮した作品ということで、

・監督が指原莉乃ということもあり内部からHKTを覗くような感じになってます
・この映画の良さは全編に渡って、現役アイドルである指原莉乃さんの、メンバー・
 関係者に対する優しさにあふれてる事
・アイドルを崇拝していた女の子がトップ・アイドルになって、その歩をゆるめずに
 この映画を作ったことを私は嬉しく思います

といった“さっしー”称賛の声が目立つ。

一方で、

・HKTを全く知らない人には分かりづらいとも思う
・コア層にもライト層にも今一歩寄り切れていない。そんな感想を禁じえない
・指原監督の試行錯誤と工夫が語り口をユニークなものにしている反面、視点の面白さ
 や喜怒哀楽の機微をまとめあげて太い柱にするところまでは至っていない

という声もあり、やはりこちらの映画に対しても、いろんな意見があるようだ。

NMB48、HKT48両方の映画を観た人も多く、

・両作品を見ることでそれぞれのグループの良さの再発見に繋がる映画だったのでは
・一般のヒトから見たらNMB48の映画の方がインパクトがある?48ヲタならHKT48の
 映画の方が、さっしーの言葉が理解しやすい分感情移入しやすい?
・NMB48の映画が点としてのテーマの掘り下げ。HKT48は線としての思いのつながり

といった両作品を比較しての感想も上がっている。どちらの映画も、ファンを取材したシーンがあったり、運営サイドの裏側が描かれているなど、共通しているところも多いらしい。

NMB48の映画を観た人が、AKB48グループや、特に「AKB商法」に否定的だと前置きした上で、

・「青春をささげて何かを一生懸命にやっている」姿は掛け値なしの美しさがある

といったことを書いているのを見つけた。

誰かが何かにひたむきに取り組んでいる姿を見たい、そんな単純な理由でも、これらのドキュメンタリー映画を観るきっかけにはなるはずだ。

(芦之由)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
NMB48について語ろう!
■「NMB48」を語るブログたち
NMB48ブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>