2016年2月21日のニュース

漢字のとめ、はねがなくなるかも?

By: klipsch_soundman
今月10日、文部科学省の外局となる文化庁が、漢字の手書き文字について「とめ、はねにはこだわらず、広く許容する」という指針案をまとめた。これにより、多様な漢字をを認めることになるというが、ネット上では疑問の声、賛同する声など様々な意見が飛び交っている。

文化庁によれば、漢字に骨組みに当たる部分があっていれば、細かな字形の違いを容認しようということ。例えば、「言」の一画目の角度は、斜めでも横でも縦にまっすぐでも良いということになる。 (続きを読む...)