自分の中にサイコパスを感じること、ある?

By: Marco Ooi

あなたは、またはあなたの友人は、サイコパスではないだろうか──?

サイコパスと聞くと、頭に思い浮かぶのは連続殺人鬼や猟奇殺人犯。多くの人にとってその存在はテレビのモニターの向こう側や映画、小説などの世界に感じられるかもしれない。しかし、そういった犯罪を犯すのは、サイコパス的な素質を持った人のほんの一部にすぎない。素質を持った多くの人は、ふつうに社会に溶け込んで生活しているという。

アメリカでプロファイルされた情報によればサイコパスに共通する特徴には、「他者に冷淡で共感しない」「口が達者で表面は魅力的」「行動に対する責任が全くとれない」といった項目があるのだそうだ。こういった話を聞いて、思わずドキリとするところはないだろうか。ブロガーの書き込みを調べてみた。

サイコパスの存在について、

・サイコパスってただただ不気味。まったく理解できないし得体が知れない
・何年かに一度強烈な事件が起きるけど、普通の人間のモノサシでは計れない存在
・映画『羊たちの沈黙』を思い出すわ~。レクター博士~

など、自分とは別世界の人のように感じている人は多い様子。

しかし、その一方で、

・直接会ったら、意外と魅力的な人も多いのではないかと思う
・漫画なんかに出てくるサイコパスは変な魅力があることが多いですよねぇ
・頭がよいけど、破たんしているみたいな、そんなイメージがある

など、サイコパスは実は魅力的な存在なのではないかという見方もあるようだ。

自分や自分のまわりにサイコパス的な要素を感じているのかというと……、

・スマホゲームばかりいじっていると、自分はやばいんじゃないかってときどき思う
・サイコパスって自己中心的らしいけど、人間誰しもそういう一面はあるんじゃない?
・タレントや芸人とか見ていると、成功してなかったら危ないかもって思う人いる
・こいつヒドいなって思う友達いるけどそういうヤツにかぎってモテたりする不思議

など、自分にも他人にも、少なからずそういった要素を感じることはあるようだ。

サイコパスは誰しも犯罪者というわけではなく、普通に暮らしている人もいれば、社会的な成功を収めている人もいるという。オックスフォード大学の心理学者がイギリスで行った調査の結果によれば、サイコパスの多い職業第一位は企業経営者なのだという。

成功者とサイコパスは紙一重。だからこそ、サイコパスは魅力的に見えるのかもしれない。

(イノウエアキオ)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
サスペンスについて語ろう!
■「サスペンス」を語るブログたち
サスペンスブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>