アイドルイベントの問題点とは?

By: flazingo_photos

東京都小金井市のイベント会場でタレント・アイドルの冨田真由さんが、ファンとおぼしき会社員の男性・岩崎友宏容疑者に襲撃される事件が起きた。

アイドルの襲撃事件といえば2014年5月、握手会の会場でアイドルグループ・AKB48のメンバー川栄李奈さん、入山杏奈さんがファンを名乗る襲われた件が記憶に新しい。ファンに夢を与えるアイドル、アイドルの活動をさまざまな応援の形で支えるファン。アイドルもファンも、お互いがあってこそのように見えるのだが、なぜ、このような出来事が起きてしまうのだろうか。ブロガーの意見を調べてみた。

ブロガーの書き込みを調べてみると、

・応援しているアイドルを襲うなんて、それ、ファンのすることじゃないし!
・容疑者は単に頭のおかしなヤツ。ファンとは違う人種だと理解してほしい

など、そもそも「そんなことをするのはファンではない」という意見があった。確かに、ファンとは、作品や選手の熱烈な愛好家のことであって、それらを襲撃しようとする人のことではない。

しかし、「ファンイベント」という形をとったとき、ファンではない人も会場に入りこめてしまうという問題点がある。

・握手会などは、ファンには残念かもしれないが、やらないほうがいいのではないか
・そもそもアイドルに誰もが近寄れる環境をつくるべきではないと思う。大手プロなら
 まだしも、個人活動しているアイドルは警備つけられないだろうし…

また、最近はSNSなどで、アイドルとファンの直接的な交流が増えたことを危惧する声もある。

・Twitterで話をすると、つながっている感が生まれてくるのは確か
・ああいうので勘違いしてしまう人もいる。ちゃんと距離感を理解してくれる人ばかり
 ではないと知っておくことも大事です
・コスプレイヤーやシンガーソングライターも危うい。いつ襲われてもおかしくない

今回の件は、事前に警察に相談も行われていたそうだが、事件の発生を防ぐことができなかった。これについては、

・起こってからではないと対処しない警察。いつになったらその態度、改めるの!?
・桶川や三鷹の事件から何も変わっていない気がした。警察はやっぱりあてにならない

など、警察批判の声もある一方で、

・警察は、ボディガードじゃないしな……
・危ないヤツなんてわんさかいる時代。起きていない事件までは手がまわらないよね

といった意見もあがっていた。

今回、冨田さんに起きた事件を、“たまたま起きてしまった不幸な事故”と考えることに違和感を覚える。誰かとの意思疎通がこじれて問題に発展するということは、誰の身にも起こり得るのではないだろうか。

応援してくれる人と直接的な交流がある人が注意しなければいけないことはなにか──、ストーカー気質の人に言い寄られたらどうすればいいか──。

この事件が、私たちに問いかけている問題は、かなり根が深い。

(イノウエアキオ)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
女性アイドルについて語ろう!
■「女性アイドル」を語るブログたち
女性アイドルブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>