原田知世の邦楽カヴァーに癒やされる

By: ashinoyoshi

原田知世の邦楽カヴァーアルバム「恋愛小説2~若葉のころ」が5月11日に発売され、オリコン週間CDアルバムランキングで初登場4位とヒットしている。原田知世のアルバムがトップ10入りするのは18年8ヵ月ぶりで、通算8作目とのこと。洋楽をカヴァーした前作「恋愛小説」が最高30位だったことからも、今作の好調ぶりがうかがえる。

ブログでの反響を調べてみると、

・原田知世の新譜がイイ!!鳥肌が止まらなかった
・原田知世の新しいアルバムが素敵すぎる
・今回は昭和の名曲たちのカバーアルバム。各曲、アレンジも素敵です

などの好評コメントが並び、シンガー原田知世の健在ぶりをあらためて実感させられた。

アルバムの感想としては、

・透明感があって、実に爽やかな歌声。癒されます
・運転しながら、心地よく聴いてます。車の中がオシャレ癒やし空間に変身だぁ!!
・原田さんの声を聴くとリラックスできますなぁ~

といった、彼女の歌声を「心地いい」「透明感」「いやされる」と絶賛する声が目立つ。

今回のアルバムは、原田知世がデビュー前後に好きだった思い出の楽曲を選んでおり、「September」(竹内まりや)、「秘密の花園」(松田聖子)、「年下の男の子」(キャンディーズ)、「異邦人」(久保田早紀)、「夢先案内人」(山口百恵)といった1970年代、80年代の名曲が並ぶ。

・微妙にオリジナルの歌い手の雰囲気を醸し出そうとしている健気さがいい
・一緒に口ずさんでいるとカラオケにいきたくなります
・昔好きだったものは、いつまでも好きなのだなと思う今日この頃です

などの声にあるように、オリジナル楽曲の雰囲気を壊さずに、ノスタルジーに浸れる作品に仕上がっていることもヒットの要因だろう。

1983年に映画「時をかける少女」で映画主演デビューを飾った当時は15歳だった原田知世。5月14日放送のフジテレビ系「ミュージックフェア」では、14歳の平手友梨奈ら欅坂46のメンバーとともに「時をかける少女」を歌うなど、このアルバムの宣伝のため露出も増えているが、

・相変わらずお美しいですね
・歳を重ねた今もとてもお綺麗で、そして雰囲気あります
・笑ったときのあのいたずらっぽい笑顔は昔のまま。ほっとします

とあるように、その美貌もいまだ健在である。

女優としても歌手としても、独特の立ち位置を確立した原田知世。時を経て「少女」時代の思い出の楽曲を歌いヒットさせたということで、さすが元祖「時をかける少女」である。

(芦之由)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
原田知世について語ろう!
■「原田知世」を語るブログたち
原田知世ブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>