消費増税再延期が「新しい判断」ってナンだ

By: Photocapy

来年4月に予定されていた消費税率10%への引き上げを2019年10月まで延期すると、安倍晋三首相が正式表明した。毎日の生活にも日本経済の行く末にも深く関わる問題だけに、ブログ上でも大いに語られている。

・商売している人間にとっては再延期で良かったけど…
・私の生活としては良かった…正直救われた
・助かる!今の8%だって万札がすぐ消えるのに、10%になったら消える速度が~

など、目の前の生活を考えるうえでは歓迎されているものの

・年金や介護・子育ての分野がおろそかになるのは心配です
・結局は国の借金増えるだけでしょ~延期はいいがちゃんと対策考えてよ!
・のちのち大変なことになるのなら、早く10%にしたほうがいいのでは?

と、社会保障費に充てられるはずだった税収アップ分(約4兆円)の代わりの財源が明示されなかったことへの不安も語られている。

各種メディアで紹介される街の声はこうした賛成・反対で明確に分けて紹介されるが、ネット上で目立つのは安倍首相が記者会見で再延期を「これまでのお約束とは異なる新しい判断」としたことへの厳しいツッコミ。もともと2014年11月に消費税増税を延期したとき「再び延期することはない」と断言した公約を翻す決定を「新しい判断」とは

・はぁ?よくもまぁヌケヌケと…
・「新しい判断」という珍語で簡単にくつがえそうとする姑息さ!
・メチャクチャだね。公約も「新しい判断」で上書きすればチャラになるとでも?

とあきれ気味。

この「新しい判断」が今年の流行語大賞に選ばれるのではないかという声も多く

・「新しい判断」…なんと便利な言葉う!これさえあればもう嘘つきって言われません
・今度ウソがばれた時には「新しい判断」って言えばいいのかぁ
・婚約破棄の時にも、内定取り消しの時にも「新しい判断」って使われるぞ

など日常生活での使用例をあげてのコメントも目立つ。

消費増税の再延期の是非そのものよりも、政治家は公約を平気で覆し、謝りもしないで「新しい判断」として国民に押し付けてくるという記憶が強烈に残った印象。

・今度の参院選で国民も「新しい判断」をしてみせようじゃないか!
・公約なんてアテにできないと証明した安倍政権に有権者の「新しい判断」がくだるぞ
・あの首相にしてあの国民、と言われないように参院選は投票に行かねば!

という機運が高まっているなか、夏の参議院選挙戦がもうすぐはじまる。

(夏目 昌)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
消費税について語ろう!
■「消費税」を語るブログたち
消費税ブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>