違法ではないが不適切なのは…

By: DavidPanChina

6日、都知事の舛添要一による、政治資金の私的流用疑惑についての調結果が発表された。調査にあたった弁護士は、一連の疑惑について「違法性はない」としたが、明るみに出た知事の公私混同っぷりに、都民は厳しい目を向けている。

毎月、報酬とは別に議員に支給される”政治資金”の出所は国税。個人的に使っていいはずはなく、

・中国でシルクの服を買った?おみやげは自分のお金で買えよ!!
・家族旅行で高級旅館に泊まるのに使うのはどう考えてもおかしいね
・公用車で別荘通い…。あきれた
・絵画に一千万近く!!税金で!!!でも違法じゃないって!!!

など、多くの人がストレートに怒りをあらわしている。しかし、政治資金の使いみちは法律上制限が設けられておらず、処罰の対象になる記載漏れ・虚偽もなかったため、違法ではないという結果に。知事は会見で繰り返し、この点を述べた。

是正を求められた知事は、個人資産から慈善団体に寄付する形で「返金」し、別荘を売却して「けじめをつける」と表明。「今後は粉骨砕身して働きたい」など続投をアピールしたが、

・別荘を売ってけじめがつくって、考え方おかしいだろ
・返金して済む問題ではないよね
・答弁も何か人ごとのようで、まるで反省してない感じ
・違法ではないが不適切なのは知事では?

といった冷ややかな意見がほとんどだ。都民の信頼は完全に失われている。

ただ、政治家のこのような問題は今に始まった事でもなく、

・横浜市長、テレビ出演のヘアメイク代25万か。これも経費…ねぇ
・こないだも長男のフェイスブックで議員の使い込みが発覚したばかり
・政治資金で娘のゴルフ大会に行った人もいたね
・号泣した野々村とか…

などなど、枚挙にいとまがない。

どこまでがセーフでどこからがアウトなのか、明確に線引きをすべきだとの意見も多いが、

・ちょっとくらい自分のためにいいでしょ…って人は、政治家になってはいけないね
・私利私欲に走らない、そんな人はいないのだろうか
・国を動かそうという人はさすがだな、と思わせて欲しい

と、政治家の基本的な姿勢を問う声も少なくない。

すでにネット上でホットワードになっている「違法ではないが不適切」という言葉。ブーメランのように知事の元へ返っていく日も近そうだ。

(小玉葉子/effect)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
舛添要一について語ろう!
■「舛添要一」を語るブログたち
舛添要一ブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>