クールジャパン、ルーブルへ!

By: Danny Choo

今月22日から、六本木の森アーツセンターギャラリーで、ルーブル美術館特別展「ルーブルNo.9 ~漫画、9番目の芸術から~」が開催され、フランスや日本から16人の漫画家作品が展示される。世界では、漫画を芸術と捉える考え方が広まりつつある。

漫画を、絵画や彫刻に続く”9番目の芸術”と位置づけるフランスで、10年以上に渡って進められたこのプロジェクト。とうとう実現間近となり、

・前々から気になってた。もうすぐ始まりますね~
・いったいどんな内容なのか、今からワクワクしています
・広告を観ただけで興奮しまくり。初日に行くつもり
・これは足を運ばなきゃ

など、ブロガーも大きな関心を寄せている。

展覧会では、「ルーブル美術館」をテーマとした作品の原画や資料など300点以上が演出とともに展示される。日本からは「ジョジョの奇妙な冒険」で知られる荒木飛呂彦、「孤独のグルメ」の谷口ジロー、松本大洋、寺田克也、ヤマザキマリ、五十嵐大介、坂本眞一らが参加。

圧倒的な画力とオリジナルな表現方法を持ち味とする作家陣に、

・やはり…。荒木先生のただごとではない画力をルーブルも認めたか
・華麗で緻密な絵だから、美術館でさらに見応えありそうだね
・絵はもちろんだけど、内容も評価されてるみたい
・これだけそろって観られるなんて夢のよう

などなど、期待は否が応でも高まっている。あわせて、フランスの漫画家・ニコラ・ド・クレイシーらとの対比も大きな見どころの一つとなり、より広い世界での”漫画”を体感できそうだ。

漫画展と言っても、主催は世界一の美術の大殿堂。この意味は大きく、

・漫画もとうとうここまできたって感じですね
・モナリザやニケと漫画が並ぶなんて…感動
・「漫画なんか読むな!」って言ってた母を連れて行くよ
・ルーブルに日本の画家の絵は現在、ないって考えたら…スゴいことだ

と、大看板とのコラボレーションに感慨を深くする人も多い。

展覧会は東京開催の後、大阪、福岡、名古屋を巡回してパリへ。この機会にぜひ、誌面から飛び出した9番目の芸術を堪能してみてはいかが?

(小玉葉子/effect)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
美術館について語ろう!
■「美術館」を語るブログたち
美術館ブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>