イノウエアキオの画像

イノウエアキオ の記事一覧

エディター/ライター。
3児の父で、子育てのまっただ中。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」や「スタンド・バイ・ミー」といったレトロ名作を借りてきて、子どもと一緒に観賞するのが楽しみ。涙腺がゆるくなったのか映画を観るとすぐに涙ぽろぽろ……。

映画「珍遊記」の評判がいろいろとすごい!!

By: dreampower-jp
1990年代に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された漫☆画太郎さんのギャグマンガを原作とする映画「珍遊記」が劇場公開中だ。

タイトルからもわかるとおりモチーフは「西遊記」。横暴で傍若無人な主人公・山田太郎が、強力な法力の持ち主、僧侶の玄奘と、さまざまな騒動を巻き起こしながら一緒に天竺を目指すというストーリーだ。

実写化できそうにない絵柄と内容がどのような映画となるか公開前から話題となっていた。漫画の実写映画化は原作ファンから批判を集めることが多いが、「珍遊記」はどのように評価されているのだろうか。ブロガーのコメントを追ってみた。 (続きを読む...)

クセの強いパクチー専門店がなぜ流行る!?

By: jules:stonesoup
パクチーは好き嫌いがはっきりと分かれる食材だ。好きな人に言わせれば、「クセになるおいしさ!ときどき、むしょうに食べたくなる、大好き!」。その一方、嫌いな人に言わせれば「なんなのあれ?ちょっと入っているだけでもう最悪。カメムシみたいな味、おえ~!」。

これほど評価が二分される食材もなかなかないのではないだろうか。ファンとアンチは、それぞれパクチーのどんなところに魅力を感じているのだろうか。ブロガーのコメントを拾ってみた。

パクチー好きのコメントを見てみると、 (続きを読む...)

人気がある猫の名前って?

By: Naoto Takai
赤ちゃんの名前に人気ランキングがあるように、飼っている猫の名前にも流行りすたりがあることをご存知だろうか。

ペット保険のアニコム損害保険が2月19日に、2016年版「猫の名前ランキング」を発表した。いったいどうやって猫の名前を調べるのだろうか、と不思議な気持ちになるが、調査方法はいたってシンプル。2015年2月1日~2016年1月31日の期間中に、アニコム損保の「どうぶつ健保」に新規契約した0歳の猫2万692頭を集計したものなのだとか。そのランキング結果に、ブロガーはどのような反応を示したのだろうか……? (続きを読む...)

国連がゲームやマンガの性&暴力表現規制!?

By: Japanexperterna.se
ゲームや漫画、アニメでの暴力表現や性表現については、日本でこれまでたびたび話題になってきた。そしてついに日本のこういった文化の一側面が海外でも問題視される事態になっているらしい。

国際連合人権委員会が2月11日、Twitterに投稿したつぶやきによれば「日本よる女性の権利保障の実績が、来週審議されます」とのこと。そして審議の模様は2月16日にストリーミング生放送された。

こういった国連の動きにブロガーたちが敏感に反応。 (続きを読む...)

つい「猫吸い」しちゃうけど大丈夫!?

By: Luci Correia
「猫吸い」という言葉をご存知だろうか?「猫吸い」とは、文字通り“猫を吸う(!?)”行為のこと。猫のモフモフした毛に顔をうずめてスーハースーハー。猫好きにとっては、極上の癒しの時間というわけである(猫にとってもそうなのかはいささか疑問ではあるが……)。

さて、この“猫吸い”は、歌手の坂本美雨さんが使いはじめた言葉。美雨さんが2014年12月に発表した『猫の吸い方』(幻冬舎)という本がじわじわ売れ続けて、言葉もだんだん浸透してきているのだ。猫好きから「私も猫吸い好き!」と共感を集めるこの行為。ブロガーたちはどのように感じているのだろうか……? (続きを読む...)

東京ラブストーリーの続編、期待する?

By: shinya
2016年1月25日発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」に、1980年代~90年代を代表する恋愛物語の金字塔「東京ラブストーリー」の続編「東京ラブストーリー ~After25years~」が読み切り作品として掲載された。

作品の中では当時から25年の月日が流れていて、主人公の長尾完治、赤名リカもすっかり歳をとった姿で登場。当時の「東京ラブストーリー」を知る人たちからは、さまざまな賛否の声が挙がった。当時の若者たちを夢中にさせたラブストーリーのその後は、いま、どのように受け止められたのだろうか。ブロガーのコメントを調べてみた。 (続きを読む...)

アニメ『おそ松さん』の人気のワケは…!?

By: marumeganechan
漫画家・赤塚不二夫生誕80周年を記念して、同氏の代表作のひとつ『おそ松くん』が27年ぶりに『おそ松さん』としてテレビアニメ化。タイトルが変わっているのは、松野家の六つ子・おそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、トド松が大人になった姿を描いた作品となっているからだ。

過去の作品というイメージが強い『おそ松さん』。キャラクターも美形というわけでもないのだが、実はいまこの『おそ松さん』が驚異的な人気を集めているのだ。この作品の魅力はいったいなに?ブロガーのコメントを調べてみた。 (続きを読む...)

実名報道された人をSNSで調べることある?

By: Franco Bouly
毎日のように事件や事故のニュースが報道されて、関係者が実名で公表されている。誰もがソーシャルネットワークサービスにアクセスしている時代。ここで思うのは“実名で調べたら、SNSで当事者にアクセスできるのではないだろうか?”ということだ。

ニュースなどに使われている写真も、「本人のFacebookより」などと、写真にクレジットが入っていることもあり、本人のSNSへの興味はかき立てられる。こういった願望は誰もが抱くものなのだろうか。ブロガーのコメントを調べてみた。 (続きを読む...)

でも本当は……マクドナルドのここが好き!

By: 246-You
インターネットの掲示板などで、とにかくよろしくない評判が目立つマクドナルド。

たしかに使用期限の切れた鶏肉で商品がつくられたり、異物が混入してしまったり、リーズナルブルな商品がわかりにくいメニューになっていたりと、消費者の側から見ると「ちょっと、どうなの?」と思ってしまう点が多々あるのは否めない。

その結果としてマクドナルドの業績は悪化。かつての外食産業の雄が、いまは見る影もないほど失速してしまっている。しかし、それまではたくさんの人に利用されていたこともまた事実。また、いまでもたくさんの利用客でにぎわってはいる。 (続きを読む...)

大晦日のRIZINは成功だったのか?

By: Kaloozer
いまから10年以上前、2000年代はK-1やPRIDEなど格闘技がブームとなり、大晦日は格闘技のビッグイベントが開かれることが定番となっていた。しかし、2006年を境に格闘技イベントの盛り上がりは徐々に下火に。メディアへの露出が激減するとともに、大会自体もやがては消滅した。

格闘技のブームは終わった──。誰もがそう感じたことだろう。しかし、2010年代半ば、再びK-1が息を吹き返し次第にシーンに熱気が充満。そしてついに、2015年の年末には、格闘技イベント『RIZIN』が2日にわたって開催され、フジテレビでも放送された。今回の大会の開催は、格闘技ブームの完全復活を予感させるものだったのだろうか。ブロガーの意見を調べてみた。 (続きを読む...)